違いを知っておく | セクキャバやキャバクラで働いて稼いでみませんか

違いを知っておく

セクキャバとキャバクラ、どちらも接客業で、似ている点はありますが、違いもある為に、働く時にはしっかりと違いを知っておかなくてはいけません。

キャバクラでは、男性のお客さんに対して、ドリンクを作ってあげたり、タバコを吸われるのであれば火をつけてあげるような、優しさをメインに接客します。
お客さんが女性に触る行為は、お店により禁止になっている為に、身の危険的な事は、一切心配要りません。
ただし、人気の女性ほど、女性が本来持っている外見だけではない女性らしさを持っていますから、さりげない気配りや配慮はとても大事です。
出来るか出来ないかで、あなたの収入にも影響してきますので、男性を不快な思いをさせずに、何かあれば丁重に断る技術も必要です。

セクキャバは、始めはキャバクラのような形式で、ソファに座りますが、キャバクラよりももっと密着したり、キスをしたりします。
また、上半身だけではありますが、お客さんからのタッチは可能なので、触ってくることを覚えていて下さい。
「お触り」だけが可能で、あとの性的なサービスはありません。

似ているのが、システムです。
同じように30から40分の間を1セットとして、お客さんが追加延長があれば、もう1セットという形になり、このセットで給与が決まります。